【福島】安積黎明、4年ぶり初戦突破 竹石が決勝2ラン「夢見てるみたい」

[ 2019年7月13日 12:30 ]

第101回全国高校野球選手権福島大会 2回戦   安積黎明3―1会津農林 ( 2019年7月13日 )

<会津農林・安積黎明>9回2死三塁、決勝2ランを放ちガッツポーズで本塁を踏む竹石(左)
Photo By スポニチ

 安積黎明が会津農林を3―1で下し、ベスト16に進出した15年以来、4年ぶりに初戦突破を果たした。

 1―1で迎えた9回2死三塁、7番・竹石成希(2年)が初球の高め直球を強振。左翼席に叩き込んだ。「(狙っていた初球を)反応できた。夢見てるみたい」と振り返った決勝2ランは、うれしい高校初本塁打。三塁の守備では2失策を記録したが、自他ともに認める「意外性の男」は「みんなに持ってるな、と言われました」と笑顔を見せた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月13日のニュース