ロッテから移籍の阪神・高野、1軍練習初参加へ 活性化期待

[ 2019年7月13日 06:00 ]

 ロッテからトレードで加入した阪神・高野圭佑投手(27)が13日、1軍練習に初参加することが決まった。新たに合流するメンバーを聞かれた清水ヘッドコーチは「野手は、その2人(小幡と片山)。投手は明日のお楽しみ。(1軍の)緊張感を味わうだけでも(プラスだから)ね」と話すにとどめたが、高野も入っているもようで、矢野監督ら1軍首脳陣が生チェックする。

 投手では他に尾仲、浜地に育成の石井。野手はドラフト2位の小幡と育成ドラフト1位の片山が参加する。球宴ブレークを利用してチーム全体の活性化を図る狙いもある。

 この日、鳴尾浜での2軍練習に参加した高野は練習前に平田2軍監督らにあいさつ。「緊張しながらあいさつしました。野手の方にもよろしくお願いしますと。(施設も)すごくきれいで、気持ちよく練習できています」。救援としての活躍が期待されており、尾仲、浜地らとともに後半戦の昇格候補に挙がる可能性も十分にある。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月13日のニュース