阪神・近本 新人初の先頭打者アーチ&史上2人目サイクル安打 古田氏「抜かれたワケじゃないんで」

[ 2019年7月13日 21:00 ]

マイナビオールスターゲーム2019第2戦   全セ―全パ ( 2019年7月13日    甲子園 )

<全セ・全パ>7回2死一塁、近本は適時三塁打を放ち、サイクル安打を達成(撮影・大森 寛明)  
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト1位ルーキー、近本光司外野手(24)が初出場した球宴でサイクル安打達成というとんでもない偉業を成し遂げた。

 両リーグで唯一、新人で球宴出場を果たすと「1番・中堅」で第2戦に先発出場。初回にルーキー史上初となる先頭打者アーチを左翼スタンドへ叩き込むと、2回には右翼線二塁打、3回には右前打を放って早くもリーチをかけると、5回に左中間二塁打を放って4打数4安打。7回の第5打席で左中間三塁打を放ち、5打数5安打でサイクル安打を達成した。

 球宴でのサイクル安打達成は1992年の古田敦也捕手(ヤクルト)以来27年ぶり2人目。ルーキーではもちろん、史上初の快挙となった。

 試合を中継していたテレビ朝日の解説席にいた古田氏は「2人目。めでたいと思いますよ」と祝福。「何度も言いますけど、抜かれたワケじゃないんで」と付け加えて笑わせた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月13日のニュース