【鹿児島】鹿児島実、連覇へ5回コールド発進 U―15代表の1年城下躍動

[ 2019年7月13日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 鹿児島大会2回戦   鹿児島実20―0鶴翔 ( 2019年7月12日 )

<鹿児島実・鶴翔>2安打2打点の鹿児島実・城下
Photo By スポニチ

 連覇を狙う強豪、鹿児島実にも頼もしい1年生がいる。背番号2の城下だ。初回2死満塁で押し出し四球を選び、2回無死満塁では投手強襲の適時打。守備でも2年生左腕・森重を完封に導いた。「守備も攻撃もいい形で入れた。練習から低く強い打球を意識していた」と胸を張った。

 串木野ドリームズに在籍していた昨年はU―15日本代表に選出された逸材。鶴翔に5回コールド勝ちした宮下正一監督は「落ち着いてできていた」と目を細める。西武・森が目標で「身長(1メートル71)も変わらないし同じ左打ちで参考にしている」と目を輝かせた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月13日のニュース