日本ハム・有原、16年球宴のリベンジ自責点0「力勝負は面白い」

[ 2019年7月13日 05:30 ]

マイナビオールスターゲーム2019第1戦   全パ6―3全セ ( 2019年7月12日    東京D )

力投する2番手の有原(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 千賀と並びリーグトップタイ9勝を挙げる日本ハム・有原が、16年球宴のリベンジを果たした。

 16年は出場辞退した大谷(現エンゼルス)の代役として出場し、3回2失点。今回は2イニング目に突入した4回に失策で許した走者を還されたが、2回1失点(自責0)。3回は対戦を熱望していた山田哲を152キロ直球で遊ゴロに打ち取り「抑えられて良かった。力勝負は面白い」とうなずいていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月13日のニュース