【岡山】岡山学芸館 9回逆転サヨナラで開幕戦制す

[ 2019年7月13日 15:16 ]

第101回全国高校野球選手権岡山大会1回戦   岡山学芸館3―2おかやま山陽 ( 2019年7月13日    倉敷マスカット )

<岡山大会 おかやま山陽・岡山学芸館> 9回2死一、二塁、サヨナラ打を放ちナインと喜び合う岡山学芸館・中川(右から2人目)と先発した丹羽(右から4人目) (撮影・平嶋 理子)     
Photo By スポニチ

 岡山学芸館が劇的な逆転サヨナラ勝ちで開幕戦を制した。

 1点を追う9回2死一、二塁から中川響投手(3年)の打球は左中間へ。背走した左翼手と中堅手が追いついたが、交錯して落球する間に2者が生還した。

 佐藤貴博監督(36)は「春は同じような展開で、ウチが9回に逆転されて負けていた。(劣勢だが)選手はベンチで笑っていたし、最後にやるんじゃないかと思っていた」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月13日のニュース