雄星 第1子長男誕生、自らへその緒を切る「パパの自覚を持って頑張りたい」

[ 2019年7月13日 10:25 ]

試合前にマリナーズベンチ前で談笑する菊池(右)と大谷(左)
Photo By スポニチ

 マリナーズは12日(日本時間13日)、菊池雄星投手(28)に第1子となる長男が8日に誕生していたことを公表した。体重3075グラムで、元フリーキャスターの瑠美夫人と母子ともに健康。

 シアトル市内の病院で菊池も出産に立ち会い、自らへその緒を切ったという。「無事に妻も元気ですし、男の子も元気に出てきてくれました。ムッチャかわいいです。出来る限り一緒にいたいと思い、髪も短くして。なるべくドライヤーの時間を短くと。少しでもね」と笑顔で話した。

 チームはこの日から敵地でのエンゼルス戦で後半戦がスタートする。練習中には花巻東の後輩にあたる大谷翔平投手がベンチ前まで訪れ、談笑する場面もあった。菊池は14日(同15日午前5時7分開始)のエ軍戦に先発予定で、今季2度目の花巻東同窓対決が実現する可能性は高い。父親となり初めての登板へ「パパの自覚を持って頑張りたいと思います(笑)。前半戦の最後の方のいい感じを、後半戦につなげられるような投球をしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月13日のニュース