ルーキー唯一出場 阪神・近本、代走即二盗!「100点」初球で決めた

[ 2019年7月13日 05:30 ]

マイナビオールスターゲーム2019第1戦   全セ3-6全パ ( 2019年7月12日    東京D )

6回1死一塁、盗塁する近本(右)(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 与えられたチャンスを確実に生かすあたりが、実に頼もしい。出番が訪れたのは6回だった。ルーキーで唯一の出場となった阪神・近本は右前打した丸の代走として出場すると打者・鈴木の初球に、いきなり走った。左腕・松井の145キロ速球を受けた捕手・森の二塁への送球が若干高く浮いた時点で勝負あり。二塁ベースを直接、蹴る感じで到達し二盗を成功させた。

 「初球で走ろうと思っていた。ファンの方も求めていたと思うので、決まってよかった。走っているときから歓声が聞こえてきました。100点です」

 球宴出場が決まった直後から「走らないとファンはがっかりすると思う」と話していた通り、リーグ3位の19盗塁を記録した快足を見せつけた。球団新人では16年高山以来の盗塁だった。

 そのまま中堅守備に就き、8回1死一塁から巡ってきた初打席は山本のカットボールに打ち取られる投ゴロ。併殺崩れで一塁に残ると、再び鈴木の初球に二盗を企図。今度は森の意地の前に失敗に終わったが、初の夢舞台を存分に楽しんだ。

 球界トップ級が集結する2試合。試合前練習ではゴールデン・グラブ賞を5度受賞する西武・秋山からフェンス際の捕球について助言を受けた。「フェンス際はジャンプしないといけないので、正面で見るとタイミングがずれる。少しラインを外して斜めに飛ぶということを教えてもらった」と収穫を得た。

 期待される中で残した「初盗塁」の価値は大きい。13日の舞台は本拠地・甲子園。ファンに今日以上の夢を与える「快盗」を披露する。(長谷川 凡記)

 ≪阪神新人3年ぶり3人目≫近本(神)が6回、丸(広)の代走で途中出場して二盗に成功。新人の盗塁は16年の高山(神)以来3年ぶりで、阪神では80年岡田との3人目。代走でデビューしての盗塁は球団新人初で、全体でも97年小坂(ロ)以来22年ぶり。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月13日のニュース