【千葉】千葉英和、エース脇ノ谷がサヨナラ打「打てると信じていた」

[ 2019年7月13日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 千葉大会1回戦   千葉英和5―4市千葉 ( 2019年7月12日    第一カッター )

<千葉英和・市千葉>サヨナラ打を放った千葉英和・脇ノ谷
Photo By スポニチ

 千葉英和(千葉)が2点を追う9回に一挙3点を奪って、市千葉にサヨナラ勝ち。森脇の左翼線2点二塁打で同点とし、6回からマウンドに上がったエース・脇ノ谷が「流れがあったので打てると信じていた」と、右前にサヨナラ打を放った。

 自由な校風で野球部も自立を尊重する。頭髪も自由で、丸刈りの部員はほとんどいない。伊藤修次監督は「秋から打線強化してきた。これからも結果を出してくれると思う」と粘りを称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月13日のニュース