【茨城】霞ケ浦 2年生左腕・山本が自己最速138キロ&136球完投勝利

[ 2019年7月13日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 茨城大会2回戦   霞ケ浦3―1土浦三 ( 2019年7月12日 )

<土浦第三・霞ヶ浦>完投勝ちした霞ヶ浦・山本(撮影・滝本 雄大)
Photo By スポニチ

 霞ケ浦(茨城)の2年生左腕・山本が土浦三を相手に9回1失点完投。初回から3、4番を連続三振。「いけるとこまで投げるつもりで飛ばした」と球速も自己最速となる138キロを計測。136球の熱投で、夏前にプロ注目のエース・鈴木寛から教わったスライダーは「以前より曲がりが大きくなった」と手応えを感じている。

 4年ぶりの甲子園を目指し、鈴木寛も「いつでも投げる準備はできています」と次戦に向けて気合をみなぎらせていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月13日のニュース