都市対抗が開幕 新テーマソング披露 伊集院氏が“秘話”披露

[ 2019年7月13日 14:39 ]

第90回都市対抗野球・開会式 ( 2019年7月13日    東京ドーム )

<都市対抗野球 開会式>選手宣誓する大阪ガス・峰下主将(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 社会人野球の最高峰を決定する第90回都市対抗野球大会が開幕した。メモリアル大会とあり、開会式では社会人野球の新テーマソング「我街(われら)の誇り」を披露。全36チームが同曲に合わせ、入場行進した。

 作詞はマルチな活躍で知られる伊集院静氏(69)。作曲は中森明菜「北ウイング」などを手がけた林哲司氏(69)とヒットメーカーコンビが手がけた。最後にオペラ団体「藤原歌劇団」の合唱により同曲が場内に流れると、両氏は「感無量」と口をそろえた。

 2人ともスポーツマンとあり選手&チームの気持ちと、地元の期待を原風景にした曲が完成できたという。山口・防府高―立大と野球に没頭した伊集院氏は地元の社会人チーム・協和発酵から勧誘されたエピソードも披露。「だからピンチの後にチャンスありという人生にも似た“野球の神様”の詩を入れたんです」と語った。

 大会は25日まで13日間、東京ドームで行われる。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月13日のニュース