【岡山】創志学園・西が好発進!12球団のスカウト視察、最速は150キロ

[ 2019年7月13日 17:52 ]

第101回全国高校野球選手権岡山大会1回戦   創志学園11―2岡山南 ( 2019年7月13日    倉敷マスカット )

<岡山大会 岡山南・創志学園> 7回2失点で初戦突破した創志学園・西 (撮影・平嶋 理子)     
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト1位候補の創志学園・西純矢投手(3年)が「4番・投手」で先発。12球団のスカウトが視察する中、最速150キロをマークし5安打2失点、10奪三振完投で7回コールド勝ちに貢献した。

 試合前から小雨の降り続く悪条件で、制球に苦しんだ。2回は1死から四球で走者を出すと、2死後に3連続四球で先制を許し、右前適時打で2点目を与えた。

 3回以降はうまく修正。何度も帽子を飛ばす力投で追加点を許さず、味方の援護を待った。

 広島の白武佳久スカウト部長は「初戦の力みもあったと思う。ボール自体も投げ方も悪くない。評価は変わらんし、ドラ1ですよ」と話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月13日のニュース