ロッテ荻野、初球宴は「緊張してふわふわ」それでも貫録二塁打

[ 2019年7月13日 05:30 ]

マイナビオールスターゲーム2019第1戦   全パ6―3全セ ( 2019年7月12日    東京D )

9回1死三塁、左前適時打を放つ荻野(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 初選出された昨季は故障で辞退したロッテの荻野は「8番・右翼」で先発出場し、5回2死の第2打席で左中間二塁打し、初安打を記録。さらに9回1死三塁では左前適時打し、2安打1打点と前半戦を打率・330の首位打者でターンした力を見せた。

 「初めは緊張してふわふわした感じだった。結果は2本出たけど無事に終われて良かった」とホッとした表情だった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月13日のニュース