ホームランダービー 初優勝狙う吉田正が決勝へ「思いきりスイングできました」

[ 2019年7月13日 05:30 ]

マイナビオールスターゲーム2019第1戦   全パ6―3全セ ( 2019年7月12日    東京D )

ホームランダービー決勝進出を決めるホームランを放ち球場を沸かせる吉田正(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ホームランダービー初日は全パ・吉田正が制し、13日の決勝に進出した。1回戦で全セ・村上を5―4で下すと、準決勝では全セ・坂本勇と対戦。先攻の坂本勇が3本で終えると、フルパワーだ。昨年の3分間から2分間無制限に短縮された中で、ファーストスイングからの4連発で勝利を収めた。「打撃投手の方の球が打ちやすくて、思いきりスイングできました」。

 右翼席上段に飛ばした2発目は打球速度173キロ、飛距離136メートルの特大アーチで沸かせた。準決勝で筒香に敗れた昨年の雪辱を期し、初優勝を狙う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月13日のニュース