球宴第2戦は記録続々!サイクルの近本は1試合4長打、1試合最多5安打など

[ 2019年7月13日 22:41 ]

<全セ・全パ>7回2死一塁、近本は適時三塁打を放ち、サイクル安打を達成(撮影・大森 寛明)  
Photo By スポニチ

 プロ野球の「マイナビオールスターゲーム2019」は13日、甲子園球場に舞台を移して第2戦が行われ、5本塁打を含む20安打を放った全セが11―3で全パに圧勝。連敗を5で止め、2016年の第1戦以来7試合ぶりの勝利を飾った。阪神のドラフト1位ルーキー、近本が新人初の先頭打者アーチ&サイクル安打で最優秀選手賞(MVP)に選ばれ、ホーム開催の球宴に花を添えた。敢闘選手賞には筒香(DeNA)、高橋周(中日)、吉田正(オリックス)が選ばれた。

 ◇第2戦の主な記録

 ▽初回先頭打者本塁打 近本(阪神)=11本目
 ▽サイクル安打 近本(阪神)=2度目、92年第2戦、古田(ヤクルト)以来
 ▽連続打数本塁打2(シリーズ)原口(阪神)
 ▽連続試合本塁打2(シリーズ)原口(阪神)

 【新記録】
 ▽1試合最多長打4 近本(阪神)
 ▽1試合チーム最多長打12 全セ
 ▽1試合チーム最多塁打43 全セ

 【タイ記録】
 ▽1試合最多安打5 近本(阪神)=2度目、01年第2戦、ペタジーニ(ヤクルト)以来
 1試合最多塁打12 近本(阪神)=3人目、3度目
 ▽1試合最多併殺打2 近藤(日本ハム)=6人目、6度目
 ▽1試合チーム最多二塁打6 全セ=4度目
 ▽1試合チーム最多本塁打5 全セ=3度目
 ▽1試合両チーム最少四球合計0=2試合連続で13度目
 ▽1試合両チーム最多長打合計15=2度目
 ◇2試合シリーズでの主な記録

 【新記録】
 ▽最多観客試合 9万8人
 ▽チーム最多長打14 全セ
 ▽チーム最多塁打57 全セ

 【タイ記録】
 ▽最多長打4 近本(阪神)=2度目、90年清原(西武)以来
 ▽最多併殺打2 近藤(日本ハム)=4人目、4度目
 ▽チーム最多安打29 全セ=2度目
 ▽チーム最多三塁打2 全セ=3度目
 ▽チーム最少盗塁0 全パ=11度目
 ▽チーム最少四球0 全セと全パ=8、9度目

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月13日のニュース