阪神・メッセ、無期限2軍…矢野監督復帰時期言及せず「まずは今いるメンバーで」

[ 2019年7月13日 05:30 ]

10日の巨人戦で今季最短となる2回4失点で降板したメッセンジャー
Photo By スポニチ

 11日に出場選手登録を外れた阪神のランディ・メッセンジャー投手(37)は2軍で無期限調整となる見込みだ。10日の巨人戦で今季最短となる2回4失点で降板。ここまで3勝7敗と調子の上がらない開幕投手に、矢野監督も、もどかしい胸中を明かした。

 「ランディ自身がこの期間をどう過ごすのか。どう思うのか。俺らがどうこう言うような年齢や実績、キャリアの投手じゃない。そこは本人の自覚じゃないの?そこから俺らがどうするかにつながっていく」

 登板2日後のこの日は休日にあたり鳴尾浜には姿を見せなかった。指揮官は復帰時期に関しては言及せず、最短での復帰を急がせるつもりもない。「ランディが帰ってきてくれたらという前提はあるけど、まずは今いるメンバーで頑張らないとあかん」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年7月13日のニュース