×

前澤友作氏 月周回旅行への同行者8人は「最終選考に残っている人は個性的な人が多い」100万人の応募が

[ 2022年1月23日 12:43 ]

 衣料品通販大手「ZOZO」創業者で実業家の前澤友作氏(46)が23日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)にゲスト出演。23年に予定している月の周回飛行へ同行する8人の選定について「最終選考に残っている人は個性的な人が多い」と語る場面があった。

 前澤氏は昨年12月に日本の民間人で初めて国際宇宙ステーション(ISS)に滞在。23年には米宇宙ベンチャー「スペースX」の宇宙船「スターシップ」で月の周回飛行にチャレンジする計画となっている。昨年3月にツイッターを通じ、同行者8人を募集したところ、世界中から100万人の応募があったという。

 前澤氏は「今、8人を必死に選んでいるところで、もうだいぶ最後の段階に来ている」と説明。「最終選考に残っている人は個性的な人が多いですね。宇宙でやりたいことが明確にある人だったりとか、そこでいろいろ表現活動されたい方だったりとか、僕がいろいろと応援したい方ですね」と語った。

 「スターシップ」については昨年5月に5度目の飛行実験でようやく成功している。その点について「怖くないのか?」と聞かれた前澤氏は「テストで良かったじゃないですか。これが本番だったら。先に失敗していただいてありがとうって」といたって前向きな姿勢を示した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月23日のニュース