×

「鎌倉殿の13人」“後白河法皇”西田敏行の登場に「ステキな金縛り」話題!三谷幸喜氏セルフパロディー?

[ 2022年1月23日 20:45 ]

「鎌倉殿の13人」第3話。頼朝(大泉洋)の夢枕に立つ後白河法皇(西田敏行・右)(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の小栗旬(39)が主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)は23日、第3話が放送され、俳優の西田敏行(74)演じる後白河法皇の“登場の仕方”がSNS上で反響を呼んだ。

 <※以下、ネタバレ有>

 大河ドラマ61作目。タイトルの「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府将軍のこと。主人公は鎌倉幕府2代執権・北条義時。鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都・鎌倉を舞台に、頼朝の13人の家臣団が激しいパワーゲームを繰り広げる。三谷氏は2004年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目の大河脚本。小栗は8作目にして大河初主演に挑む。

 第3話は「挙兵は慎重に」。治承4年(1180年)4月、頼朝(大泉洋)と引き離された八重(新垣結衣)は伊東祐親(浅野和之)の家人・江間次郎(芹澤興人)の元へ嫁がされていた。対岸の江間館を見つめる義時(小栗)。その折、頼朝の叔父・行家(杉本哲太)が北条館に現れる。怪しがる政子(小池栄子)。渋々対面する頼朝だが、行家は平清盛(松平健)へ反旗を翻した後白河法皇(西田敏行)の御子・以仁王(木村)の令旨(りょうじ)を携え…という展開。

 後白河法皇は頼朝の夢枕に立ち「1日も早く助けてくれ。清盛入道に散々ひどい目に遭わされて、今は福原に幽閉されておる。清盛の首を取れ。平家の奴らを都から追い出してくれ。それができるのは頼朝、お主だけだ」。頼朝は金縛りになったように固まり「お願いだから、揺らさないで」と恐怖した。

 この脚本の展開と演出には、三谷氏が監督・脚本を務めた映画「ステキな金縛り」(11年公開)を思い浮かべる視聴者が続出。西田は落ち武者の幽霊・更科六兵衛役を演じた。三谷氏のセリフパロディーか。

 インターネット上には「後白河法皇さんw登場の仕方ー!」「後白河法皇だか更科六兵衛だか分かんねぇじゃねぇかw」「大河ドラマで『ステキな金縛り』w」「(頼朝は)寝汗かくわー、これはかくわー(前回、八重が政子に申し送り)」「西田敏行が夢枕に立つシーンで『ステキな金縛りかよw』とツイートが並ぶ、よく訓練された三谷幸喜ファン」などの声が相次いだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月23日のニュース