×

森田剛 ジャニーズ事務所入りのきっかけは「学校にも友だちにも飽きちゃって」「刺激がほしかった」

[ 2022年1月23日 07:50 ]

森田剛
Photo By スポニチ

 元「V6」で俳優の森田剛(42)が23日、フジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。ジャニーズ事務所入りのきっかけについて明かした。

 森田は1993年に14歳でジャニーズ事務所入り。三宅健と共に「剛健コンビ」で人気を博す中、1995年にV6のメンバーとしてCDデビュー。以後、アイドル活動の傍ら、数々のドラマ、映画、舞台に出演し、演技派俳優としての地位を確立。2021年11月1日、V6の解散を機に、独立した。

 この日は森田が約6年ぶりに出演する映画「前科者」(28日公開)の岸善幸監督と、共演者の若葉竜也とともに、トークをくり広げた。

 小学時代はサッカー少年で、Jリーグができた時期だったこともあり、「(プロサッカー選手への)憧れはありましたね」。そんな少年がなぜジャニーズ事務所に入ったのか。「親から履歴書を送って、返事が来て、オーディションを受けて。返事が来たから行ってみる?みたいな感じで知ったと思う」と回顧した。

 森田は「中学生だったんですけど、小学生の後半から飽きてたんです、学校に。友だちにも飽きちゃって」と苦笑。「学校にも飽きちゃって、こんなもんかって。いつものやつだな、つまらねぇなって時だったので、サッカーもちょっと飽きている頃で、刺激がほしかったんですよね。『じゃあ、行ってみよう』みたいな感じがスタートです」ときっかけを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月23日のニュース