×

TBS「冒険少年」番組側がコメント “手伝い”認めるも「真剣にロケ」

[ 2022年1月23日 05:30 ]

東京・赤坂のTBS社屋
Photo By スポニチ

 TBSのバラエティー「アイ・アム・冒険少年」が一部で過剰演出と報じられた件で、同番組が22日、公式サイトでコメントを発表した。

 タレントが自力で無人島から脱出する企画「脱出島」を巡り、ニュースサイト「文春オンライン」が、タレントのあばれる君(35)が脱出用のイカダをスタッフと作っていたなどと報道。番組側はコメント内で「時にはスタッフと力を合わせながら」と必ずしも自力ではないことを認めつつ、「出演者の方々にはいつも真剣にロケに取り組んでいただいています」とした。

 あばれる君もこの日、自身のSNSを更新し「お騒がせしてすみませんでした」と謝罪。「これからもサバイバルを楽しむ気持ち、サバイバル技術を学ぶ気持ち、笑いを届けたい気持ちを心から大切にしていきます」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月23日のニュース