×

【佐々木朗希と一問一答】8回完全、偉業目前の降板 「首脳陣の判断。納得する形で降りました」

[ 2022年4月17日 19:10 ]

パ・リーグ   ロッテ0─1日本ハム ( 2022年4月17日    ZOZOマリン )

<ロ・日(4)>9回を0で抑えた益田は迎えに出た佐々木朗をねぎらう(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテの佐々木朗希投手(20)が17日、日本ハム戦(ZOZOマリン)に先発。10日のオリックス戦での完全試合達成後初登板し、8回完全無四球14奪三振の力投を見せ、降板した。チームは0-1で敗れ、3連敗を喫した。

 初回には163キロをマーク。2回までに4者連続三振を奪うなど好調で、日本人最長タイとなる25イニング連続奪三振を記録した。7回1死からは代打・万波から空振り三振を奪い、10奪三振に到達。昨年同10月23日の日本ハム戦から4試合連続の2桁奪三振となった。8回まで14奪三振の力投を見せたが、日本ハムの先発・上沢-堀との緊迫の投手戦で試合は0-0のまま9回に突入。井口監督が交代を決断し、2番手・益田へスイッチした。

 試合後の一問一答は下記の通り。

 ――今日の投球を振り返って。
 
 「前回よりはコントロールとか球質も良くなかった。その中でどうにかすることができた。守備にも助けてもらいながら投げることができたと思います」

――満員の球場は

 「満員の中で投げるのは初めて。すごくうれしかった」

――序盤の力みは?

 「力みというかなかなかうまく投げることができなかったので…修正するのが少し大変だった」

――修正点は?

 「いっぱいあります」

――フォークが若干浮いていた印象

 「そうですね。考えてる中で考えすぎな部分もあった。もう少しシンプルにいけばよかったなと思った」

――8回の降板
 「途中疲れてる部分もあった。首脳陣の判断なので。試合中にも話しながら、納得する形で降りました」

――2試合連続の好投
 「良いコンディションの中で投げれているのと、松川とか野手の人に助けられながら、バックを信じながら投げられている」

 ――記録への欲みたいなものはなかったか

 「もう1イニング投げられればよかったけど、きょうは内容も…野手に助けられた部分もあったので、そこはチームを勝つために。自分の仕事ができたかなと思います」

 ――普通ではない1週間の過ごし方

 「いつも通り準備しなきゃいけなかったし、初めての完投でもあったので。もちろん疲れがあったので、少しでも回復できるようにと思っていた」

 ――回復するためにしたことは

 「食べたって感じですね。バランス良く、必要なものを食べてました」

 ――打たれない心境
 
 「記録目指してる中だったらいいことだと思うけど、そういう時に限ってランナー出ると苦しくなる。投手としての仕事は点を取られないこと。僕の中では打たれても別にって思ってる」

 ――満員のお客さんの中で立って投げるのはどんな感覚か

 「最初、(お客さんが)幕張メッセと間違ってるんじゃないかなあと思ってたんですけど…(笑い)すごくうれしかったです」

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月17日のニュース