×

DeNA・上茶谷 91球マダックスで連敗止めた お立ち台でマグロ贈られ「最高でーす」

[ 2022年4月17日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA6―0ヤクルト ( 2022年4月16日    横浜 )

<D・ヤ>ヒーロー賞のマグロを贈呈された(左から)上茶谷、宮崎、佐野(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 思わぬプレゼントを手にした。お立ち台。DeNAのスポンサー「マルハニチロ」から、上茶谷はともにヒーローになった佐野、宮崎とマグロを贈られ、レプリカを抱いた。三浦監督もちゃめっ気たっぷりに評価は「マグロのぼりだよ」と笑った。

 打者32人中29人を3球で追い込んだ。9回も山田からの中軸を6球で料理。2年ぶり3度目の完封は初の無四球で、5安打でわずか91球の完封勝利「マダックス」を達成した。今季習得したシュートが生きた。三浦監督に「どんどん使え」と後押しされた球種。「相手は積極的にくる。ゾーン内で勝負し、一人一人の打者を積み重ねる意識で投げた」と打たせて取る武器が生き、マダックスは球団では12年の国吉(現ロッテ)以来10年ぶりだ。

 新型コロナウイルスの集団感染による試合延期後、試合再開した12日からの連敗を3で止め、チームは本拠地今季初勝利。他の選手の形態模写が得意なものまねキングは「最高でーす。しっかり準備して次も頑張ります」と昨季の1勝を超え、早くも2勝目を挙げた。(大木 穂高)

 ≪無四死球完封は初≫上茶谷(D)の完封勝利は20年9月23日阪神戦以来3度目で無四死球完封は初。また、この日は91球。マダックスと呼ばれる100球未満での完封勝利は昨年10月2日中日戦の高橋(神=97球)以来。チームでは12年9月7日広島戦の国吉(現ロッテ=92球)以来10年ぶりだ。

 ▽マダックス 大リーグで100球未満での完封を意味する。86~08年にブレーブスなどで活躍したグレグ・マダックスは、通算35完封のうち13度を100球未満で達成。抜群の制球力は「精密機械」と呼ばれ、17年連続15勝以上を達成。通算355勝、サイ・ヤング賞4度、最多勝利3度、最優秀防御率4度。14年殿堂入り。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月17日のニュース