×

中日が逆転負け 連勝4でストップ 貧打嘆く立浪監督 「結果的に投手の2打点だけ」

[ 2022年4月17日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2-3広島 ( 2022年4月16日    マツダ )

<広・中>3回1死、岡野から藤嶋への投手交代を球審に告げた立浪監督(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 中日は1点差の逆転負けで連勝が4でストップした。立浪監督は4安打2得点どまりの打線を敗因に挙げた。

 「結果的に投手の2打点だけ。いずれにしても、きょうは点が取れなかったという話。きょうは…じゃない、きょうもやね」。2回2死満塁から先発の岡野がプロ初安打となる2点適時打を放ち、広島のエース・大瀬良から幸先よく2点を先制。だが3回は1死一、二塁から、この試合までリーグ2位の得点圏打率・545の阿部がカットボールを打たされ、遊ゴロ併殺打で好機を逃した。直後に逆転を許すと、4回以降は無安打に終わった。

 これで課題の敵地では3勝4敗と黒星が先行。指揮官は「良い投手になるほどチャンスでは打てない。もう少し一つの球種を絞るとか考えていかないと」と打開策を巡らせた。(中澤 智晴)

 ▼中日・岡野(28歳のバースデー登板も3回途中3失点で黒星)粘ることができなかった。連続安打のところを何とかして止めたかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月17日のニュース