×

「鳥谷効果」だ!パナソニックの新人コンビ・久保田&永江がそろって2打点 快勝で決勝T進出

[ 2022年4月17日 05:30 ]

社会人野球第64回JABA岡山大会   パナソニック8-2JFE西日本 ( 2022年4月16日 )

<パナソニック・JFE西日本>ともに2打点を挙げて勝利に貢献したパナソニックの永江大樹内野手(左)と久保田拓真捕手
Photo By スポニチ

 2球場で予選リーグ5試合があった。パナソニックは、JFE西日本を破って2連勝で決勝トーナメント進出に王手。今春から元阪神の鳥谷敬コーチの指導を仰いでおり、選手らは攻守両面での「鳥谷効果」を口にした。

 パナソニックの新人コンビが「鳥谷効果」で、そろって2打点を挙げた。2回に関大出身の久保田拓真が決勝の2点二塁打。福岡大出身の永江大樹も2本の適時打を含む3安打を放った。

 久保田は練習で鳥谷コーチがやっていたという中堅方向への打球を心がけている。決勝打は右中間を破る一打で「いい形で打たないと、あの方向には飛ばない。うまく説明してくださるし(打撃の)引き出しを増やせた」と口にした。

 遊撃手の永江も鳥谷コーチから受けた一番の助言は「引き出し」だという。打球を捕ってから送球するまでの方法は一つではない。考え方を柔軟にし、自分に合うものを採用するよう教わった。打撃面では「プロでも3割しか打てないから気楽に」と言われており、3安打に「(指導の)効果はあると思います」とうなずいた。

 田中篤史監督は「一人一人とコミュニケーションをとってくださっている」と感謝。多くの“新戦力”を備えたパナソニックが、大会の頂点を目指して勝ち進む。(石丸 泰士)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月17日のニュース