×

エンゼルス大谷 次回登板は21日の敵地アストロズ戦 指揮官「球数はもう少し増える」

[ 2022年4月17日 08:35 ]

大谷への期待を語るジョー・マドン監督(撮影・柳原 直之)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)の次回登板日が20日(日本時間21日)の敵地ヒューストンでのアストロズ戦に決まった。16日(日本時間17日)、ジョー・マドン監督が公表した。投打同時出場する予定だという。

 大谷は7日の開幕・アストロズ戦では4回2/3を投げ4安打1失点、9奪三振と好投も黒星。中6日を空けて14日のレンジャーズ戦では3回2/3を投げ6安打6失点で2敗目を喫している。

 14日は当初の予定より早い70球での降板となっただけに、指揮官は「球数はもう少し増えることになるだろう」と説明。中5日を空けての登板で今季初勝利を目指す。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月17日のニュース