×

ロッテ 佐々木朗が8回パーフェクトで降板 球界OBは「賛」の意見 藤川球児氏「一安心」

[ 2022年4月17日 16:30 ]

パ・リーグ   ロッテ―日本ハム ( 2022年4月17日    ZOZOマリン )

<ロ・日(4)>9回、無失点に抑えた益田(右)を出迎える佐々木朗(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 10日のオリックス戦で史上16人の完全試合を達成したロッテ・佐々木朗希投手が、2試合連続完全試合という史上初の快挙を目前にして降板した。

 この日の日本ハム戦も初回からエンジン全開。8回まで14奪三振、打者24人を全て抑えるパーフェクト投球を披露した。
 しかしスコアは0―0。ロッテ・井口監督は8回で102球を投げていた佐々木朗の降板を決断。9回は守護神・益田がマウンドに上がった。

 この采配に阪神OBの藤川球児氏は自身のツイッターで「佐々木投手の交代に一安心」とツイート。元日本ハムの建山義紀氏も「素晴らしい英断」とつぶやいた。

 佐々木朗は入団3年目で、体の成長を待って大切に育成されてきた。ネット上でも「ロッテの佐々木朗希に対する扱いは徹底してるな。なかなかできることではない。正直尊敬する」「井口監督&ロッテが大事に育てようとしてるしブレ無いのはすごいと思う!日本の大事な投手!」などの声が多数を占めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月17日のニュース