×

ソフトバンク東浜今季最短4回途中KOに「自滅です」

[ 2022年4月17日 17:31 ]

パ・リーグ   ソフトバンク─楽天 ( 2022年4月17日    鹿児島 )

<ソ・楽3>4回途中で降板した東浜(右は甲斐)(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク先発の東浜巨投手(31)が今季最短の3回2/3を5安打6失点でKOされた。

 「逆転してもらった直後に逆転を許してしまい申し訳ない。自滅です」

 0―1の3回に中村晃の2点適時打で逆転。流れをつかみかけた4回に落とし穴が待っていた。1死から2安打と四球が絡み、一死満塁。マルモレホスに押し出し四球で同点。続く辰己の併殺崩れの間にあっさり逆転を許し、炭谷には右翼前に不運な適時打。東浜はここで降板となった。

 バトンを受けた板東は西川に2点適時打を許し、東浜は6失点。猛攻は止められず、山崎剛に2ランを浴びるなど、打者一巡の猛攻を受け続け、今季ワーストの1イニング7失点となった。
 投手陣は今季初の2桁失点となり、序盤で試合を決められた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月17日のニュース