×

明大1年・瀬 リーグ史上30人目初打席初本塁打!甲子園と「同じくらい緊張」

[ 2022年4月17日 05:30 ]

東京六大学野球第2週第1日   明大12―1東大 ( 2022年4月16日    神宮 )

<明大・東大>初回、2ランを放つ明大・瀬(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 1回戦2試合が行われた。明大は「6番・右翼」で出場した瀬千皓(せ・ちひろ)外野手(1年)が初回にリーグ史上30人目の初打席初本塁打となる左越え2ランを放つなど12―1で東大に大勝。立大はエースの荘司康誠投手(4年)が2回に先制ソロを放ち、投げても7回1失点と好投して4―1で法大に先勝した。

 明大が12安打12得点で白星発進した。「6番・右翼」で初出場した瀬は、初回1死一塁でリーグ史上30人目の初打席初本塁打となる左越え2ラン。全国に350人前後の珍しい姓の瀬は、小学生時代から眼鏡がトレードマークで、天理では達(現日本ハム)とともに昨春センバツで4強入り。甲子園と比べ「同じくらい緊張しました。1年生らしいプレーができればと思っていた」と2安打で存在感を示した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月17日のニュース