×

梅野口火打から阪神4戦ぶり先制点 6戦連続安打の中野「1番打者でも積極的にいくだけ」

[ 2022年4月17日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2-1巨人 ( 2022年4月16日    甲子園 )

<神・巨> 3回2死二塁、敵失の間に二塁から生還した梅野はナインとタッチをかわす(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 4試合ぶりの先制点へ、阪神・梅野が口火を切った。3回にシューメーカーからチーム初安打となる左前打で出塁。ウィルカーソンの送りバントで二進すると、新1番・中野が146キロのツーシームを三遊間に打ち返した。

 坂本の肩とのスピード勝負を制して遊撃内野安打とすると、ワンバウンド送球を一塁手が後逸(記録は坂本の失策)した間に梅野が先制のホームイン。甲子園のボルテージを一気に高めた。

 6試合連続安打の中野は「後ろに輝がいるので、自分が出れば相手にプレッシャーを与えられる。1番打者でも積極的にいくだけ」と語っており、2番・佐藤輝とのプロ2年目コンビのリズムも合ってきた。

 梅野は守っても巨人打線を相手に2試合連続で1失点継投と、攻守に存在感を発揮。良い流れはもう手放さない。(鈴木 光)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月17日のニュース