東洋大の打撃職人・橋本吏また打った リーグ戦1号の代打3ラン

[ 2021年4月16日 12:38 ]

東都大学野球・第3週第2日   東洋大4―3立正大 ( 2021年4月16日    神宮 )

東洋大・橋本吏功
Photo By スポニチ

 東洋大が接戦を制した。0―1の7回1死一、二塁の場面で代打で起用された花咲徳栄出身の橋本吏功外野手(2年)が左翼席へリーグ戦1号となる3ランを叩き込んだ。「左投手が来たら代打と言われていたので、1球で仕留めることだけを考えていった」と喜んだ。

 3月31日の青学大戦でも代打で左前タイムリーを放っており「余計なことを考える癖があるので、タイミングだけ合わせることだけ考えている」とシンプルに打席に立っている。杉本泰彦監督は「パンチ力があるのは分かっているけど、ああいうところでね。非常にいい仕事をしてくれた」と称えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月16日のニュース