阪神・中野 これぞ本当の恐怖の8番 2打席連続の長打に1盗塁 左投手でも結果出す大アピール

[ 2021年4月16日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神4-0広島 ( 2021年4月15日    甲子園 )

<神・広>4回1死、右翼線三塁打を放ち、三塁へ滑り込む中野(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 自身の武器を最大限に生かした。4回1死の第2打席。阪神・中野が床田の内角ツーシームをとらえると、快足を飛ばして三塁を陥れた。

 「(2回は)チャンスで見逃し三振という悔しい打席だったので、何としても次の打席で1球で仕留めようという気持ちで振りにいけた。(左右)両方の投手を打てるようにやっていかないと、スタメンは取れない」

 続く6回1死の第3打席では、右投手のコルニエルが投じたスライダーをジャストミート。右翼線への二塁打となった。

 4試合連続でのスタメン起用だったが、左投手の先発はこの日が初めてだった。矢野監督は「左を苦にするような感じにはうつっていない。持ち味は出してくれた。打って走ってね」と及第点。打率5割を誇る恐怖の8番の勢いも止まらない。(山本 浩之)

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月16日のニュース