西武・栗山、17日にも1軍復帰へ 16日2軍戦出場予定、辻監督「よかったら考えます」

[ 2021年4月16日 05:00 ]

西武の栗山
Photo By スポニチ

 下肢の張りで戦列を離れていた西武・栗山巧外野手(37)が早ければ、17日にも1軍に復帰することが分かった。全体練習が行われた15日に辻監督が「バッティングを見ても普通に振れている。明日(16日)、下(2軍)で出て、よかったら考えます」と明言した。

 生え抜き初の通算2000安打まで残り74本としていた栗山は、開幕戦となった3月26日のオリックス戦(メットライフドーム)で2安打を放つ絶好のスタート。しかし、翌27日に下肢の張りを訴え、同31日に出場選手登録を抹消されていた。

 予定通り、16日のイースタン・リーグ、ヤクルト戦(カーミニーク)に出場すれば、06年9月30日の日本ハム戦以来、15年ぶりの2軍戦出場となる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年4月16日のニュース