オリックスの平野佳が頸部の痛みで抹消 変わって比嘉が今季初昇格

[ 2021年4月16日 16:19 ]

オリックス・平野佳
Photo By スポニチ

 オリックスの平野佳寿投手(37)が16日、頸部(けいぶ)痛のため、出場選手登録を抹消された。軽症のもようで病院には行っておらず、今後は状態を見て判断する。

 平野佳は今季4年ぶりに古巣復帰。ここまで勝ち継投を担い、6試合に救援し0勝1敗、1セーブ3ホールドで、防御率3・38。3月27日の西武戦でNPB復帰後初登板し、日米通算700試合登板を達成。今月8日のロッテ戦では復帰後初セーブを記録していた。

 代わって、比嘉幹貴投手(38)が今季初昇格した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月16日のニュース