ソフトB・武田 5回3失点で今季初勝利も「粘ることができなかったのが悔しい」 

[ 2021年4月16日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―3オリックス ( 2021年4月15日    ペイペイD )

<ソ・オ>5回3失点で今季初勝利を挙げたソフトバンク先発の武田(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク先発の武田が5回6安打3失点で3戦目にして今季初勝利を挙げた。4回までは毎回の6三振を奪うも5回先頭からの連打などで2死二、三塁。ここから中川、T―岡田に連続適時打を浴び3点を失った。

 直後の攻撃で味方打線が逆転したことで勝利投手の権利が転がり込んだ。「先発として長いイニングを投げることができなかったのは申し訳ない。先制点を与えてしまい、粘ることができなかったのが悔しい」とコメントした。

 試合前には森が左肘の腫れで離脱。武田の降板後は5投手の継投となり、最後はモイネロが守護神の代役を果たして初セーブを挙げた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月16日のニュース