広島・床田 虎の一発攻勢に沈没 4回4失点で反省「初回からしっかり投げられるように」

[ 2021年4月16日 05:30 ]

セ・リーグ   広島0-4阪神 ( 2021年4月15日    甲子園 )

<神・広>4回4失点の床田(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 広島の先発・床田が阪神打線の本塁打攻勢に沈んだ。

 初回、大山に先制2ランを被弾すると、0―2の4回には、3月31日の前回対戦で3三振に封じていた佐藤輝に痛恨の一発を被弾。

 4回7安打4失点で今季2勝目はならず、「2回以降はそれなりに修正できたが、それなり止まりだった。初回からしっかり自分の球を投げられるようにしたい」と反省を口にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月16日のニュース