西武・森が「決勝アベック弾」となった阪神・藤浪の打撃を評論 12年甲子園優勝バッテリー

[ 2021年4月16日 22:42 ]

パ・リーグ   西武2ー1ソフトバンク ( 2021年4月16日    メットライフD )

同じ日に本塁打を放った西武・森(左)と阪神・藤浪
Photo By スポニチ

 西武の森友哉捕手(25)が6回に決勝の3号ソロ。試合のなかった15日の全体練習で赤田打撃コーチの指導を受け「タイミングの取り方で“これや”というのが見つかった。久しぶりの完璧な当たりだったのでうれしかった」と笑った。

 甲子園では大阪桐蔭時代にバッテリーを組み、12年に春夏連覇を達成した藤浪が決勝の1号2ランを放った。約400キロ離れた「決勝アベック弾」に「藤浪さんはリーチが長いので当たったらめちゃくちゃ飛びます」と森。「(高校時代は)大会でもボチボチ打ってましたし、甲子園でも打ってます。バッティングは割といいなというイメージですね」と1学年先輩の打撃を評した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年4月16日のニュース