上原浩治氏「中日、DeNAに元気がない…」 試合中から大体大後輩を心配「松葉、これ以上はあかんで」

[ 2021年4月16日 22:30 ]

上原浩治氏
Photo By スポニチ

 巨人に在籍していた2019年5月にシーズン途中で現役引退した元メジャーリーガーの上原浩治氏(46)が16日、自身のツイッターを更新。4連敗の中日と7連敗を喫したDeNAを心配した。

 ナイター6試合が行われたこの日、試合中から「中日…松葉選手。またカーブやんかぁ。スライダー??勝負球に使うのか、低めにボールにするのか…ちょっと中途半端だと思うんですが…大学の後輩だから、気になるし頑張ってほしい!」「広島…鈴木選手。さすがですね。松葉、これ以上はあかんで」と大阪体育大の後輩にあたる中日先発左腕・松葉貴大投手(30)の動向を細かく気にしていた上原氏。

 試合が終わると「巨人…19安打」と古巣・巨人のDeNA戦19安打7点圧勝にまずは触れた後で「阪神も調子がいいし、ちょっと2強になりつつあるなぁ。中日、DeNAに元気がない…」とポツリ。「セ・リーグが盛り上がるためにも…まだまだこれから」と続けた。

 この日、巨人はDeNAに敵地で7―0と快勝して5連勝を飾り、菅野は6安打完封で待望の今季初勝利。阪神は藤浪が6回途中零封&先制2ランと投打で活躍して2―0とヤクルトに勝利を収めて6連勝。一方、上原氏の気にしている中日は3―7で広島に敗れて4連敗、巨人に敗れたDeNAは7連敗となっている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月16日のニュース