濃厚接触者認定から復帰のヤクルト・青木は「5番・左翼」、内川は「7番・一塁」

[ 2021年4月16日 17:35 ]

<神・ヤ(4)>1軍に合流しアップする内川(中央)(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者に認定されていたヤクルトの青木宣親外野手(39)、内川聖一内野手(38)が16日の阪神戦(甲子園)でスタメン復帰。青木は5番・左翼、内川は7番・一塁で出場する。

 同じく濃厚接触者に認定されていた川端慎吾内野手(33)とともにこの日、1軍に合流。3人は自宅待機期間が14日に明けていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月16日のニュース