西武・高橋が本調子ではない中で3連勝 辻監督「精神的にもちょっと強くなった気がする」

[ 2021年4月16日 22:37 ]

パ・リーグ   西武2ー1ソフトバンク ( 2021年4月16日    メットライフD )

<西・ソ4>辻監督(右)とグータッチする高橋(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武の高橋光成投手(24)が、7回3安打1失点の好投で開幕3連勝。ソフトバンク戦は19年5月14日から負けなしの8連勝という「鷹キラー」は「どのチームが相手でも自分の投球を全力ですることに変わりはありません。結果はたまたま」とクールに振り返った。

 女房役の森も「おそらく、あまり調子はよくなかった」と振り返るなど、直球の走りは今イチだったが、6回1死で柳田から内角直球で見逃し三振を奪って拳を握るなど、気迫を見せた。本調子ではない中でも試合を作り、辻監督も「去年までは1回いったらズルズルっといく悪いくせもあった。そういう意味では今年に限っては精神的にもちょっと強くなった気がします」と目尻を下げた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月16日のニュース