西武、助っ人勢が続々合流へ メヒア、スパンジーが23日有力 ニール、ダーモディは2軍で2度登板後

[ 2021年4月16日 05:00 ]

西武のメヒア(左)、スパンジェンバーグ
Photo By スポニチ

 西武の助っ人勢が、続々と1軍に合流する見通しだ。開幕1軍入りした中継ぎのギャレット以外の4選手は今月2日に来日しており、16日に隔離期間が明ける。

 17日のイースタン・リーグ、ヤクルト戦(カーミニーク)には、メヒアとスパンジェンバーグが出場する予定。辻監督は「まだ序盤だし、若い子も頑張っている。焦ることはない。1打席の代打で呼ぼうとは考えていません。しっかりと1試合通してできる状態になってくれる方がいい」と慎重な姿勢。それでも状態に問題がなければ、23日の楽天戦(楽天生命パーク)から1軍に合流することが有力。また、先発のニールとダーモディは、2軍戦で2度ほどの調整登板を経て、1軍に合流する見込みだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月16日のニュース