エンゼルス・大谷、四球で11戦連続出塁も無安打 試合前にはブルペン入り

[ 2021年4月16日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス1ー6ロイヤルズ ( 2021年4月14日    カンザスシティー )

<ロイヤルズ・エンゼルス>6回、空振り三振に倒れる大谷
Photo By 共同

 エンゼルス・大谷は3回に四球を選んで連続試合出塁を11に伸ばしたが先発では開幕戦以来の無安打。試合も敗れたジョー・マドン監督は「ケラーは速球がばらついていて打者には難しかった」と相手右腕に脱帽した。

 右手中指のまめをつぶした影響で登板を見合わせているが、試合前にはブルペン入り。24球を投げた。指揮官は今週中の投手復帰には否定的も「(長期間)投げられなければ誰か(他の投手)を呼んで投げさせないといけないが投手コーチは楽観的」と早期復帰の可能性を示した。(笹田 幸嗣通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年4月16日のニュース