バースデーの日本ハム・西川が先制ホーム 横浜高コンビは先輩の涌井撃ち

[ 2021年4月16日 18:25 ]

パ・リーグ   日本ハム―楽天 ( 2021年4月16日    東京D )

<日・楽4>初回無死、西川は中前打を放つ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 29歳の誕生日を迎えた日本ハムの西川遙輝外野手が先制のホームを踏んだ。初回、楽天先発・涌井の144キロ直球を捉え中前へ。涌井の横浜高後輩に当たる高浜祐仁内野手(24)が右前へつなぎ、同じく同校後輩の近藤健介外野手(27)の中犠飛で、先制点を奪った。

 「最低限の仕事は出来たと思います。1、2番と良い形を作ってくれたので先制することが出来た」と近藤。西川は2回の外野守備に就く際、場内から「ハッピーバースデー」の曲が流れた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年4月16日のニュース