楽天・涌井が7回1失点 3連勝の権利を持って降板

[ 2021年4月16日 20:31 ]

パ・リーグ   楽天―日本ハム ( 2021年4月16日    東京D )

<日・楽(4)>4回2死一、三塁、郡のスイングをアピールする涌井 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天・涌井秀章投手が7回121球を投げ、5安打1失点。10三振を奪う快投を続け、1点リードのまま3勝目の権利を持ってマウンドを降りた。

 1回立ち上がりに西川、高浜に連打を浴び、近藤の中犠飛で先制点を許したが、直後の中田から133キロのスライダーで空振り三振を奪うなど、すぐに切り替えた

 味方打線が逆転に成功した7回は今川、郡の下位打線を凡打で退け、代打・大田も149キロ直球で中飛に仕留めた。

 涌井は開幕から2連勝中。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月16日のニュース