巨人・デラロサの登録抹消 米市民権取得の申請手続きで渡米 原監督「そこは尊重」

[ 2021年4月16日 05:30 ]

巨人・デラロサ
Photo By スポニチ

 巨人のルビー・デラロサ投手(32)が15日、出場選手登録を抹消された。ドミニカ共和国出身の守護神は、米国の市民権取得の申請手続きのために渡米した。

 今季はここまで6試合に登板し、リーグトップタイの5セーブ。原監督は「そこは尊重した。必ずカバーする力は出てくる」と話した。

 米国入国後は少なくとも10日間、再来日後に14日間の隔離期間を要するため、チーム合流は早くても5月中旬以降になる見込みだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月16日のニュース