ソフトバンク・森 左肘の腫れで病院で治療 工藤監督「昨日より痛みは良くなった」

[ 2021年4月16日 16:07 ]

ソフトバンク・森
Photo By スポニチ

 左肘の腫れのため、15日から一時離脱しているソフトバンクの守護神・森唯斗投手(29)が16日、病院で治療を受けた。

 練習中、取材に応じた工藤監督は「昨日より痛みは良くなってきたと聞いている。今日、病院に行っているのでどのくらい状態が良くなってきたかによって、明日どうするか決めたいと思います」と説明した。16日からの西武3連戦には同行していないが、患部の様子を見て合流時期を調整していく。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月16日のニュース