堀内さん「疲れたなぁ。と思った時は200球投げた時」 142球完封した巨人・今村の疲労回復に太鼓判

[ 2021年4月16日 15:17 ]

堀内恒夫氏
Photo By スポニチ

 現役時代に巨人のエースとして通算203勝をマークし、巨人監督も務めた野球解説者の堀内恒夫さん(73)が15日、自身のブログを更新。巨人の10年目左腕・今村信貴投手(27)が11日の広島戦(マツダ)で142球完封した疲労の回復について太鼓判を押した。

 ブログ読者から届いた「次回登板に影響したりするものなのでしょうか?」という質問に答えたもので「球数についてだね。今村の142球が次回登板に影響するかどうか?しません!(笑)」と断言。「なぜなら、次の登板まで1週間もあるからねぇ。だから疲労の抜け具合も関係なし」と説明した上で「俺の経験だとあ~今日は投げたなぁ。疲れたなぁ。と思った時は200球投げた時だったね(笑)」と続けた。

 今村は11日、広島打線から7三振を奪う142球力投で、3年ぶりプロ2度目の完封。チームを2年ぶり借金生活から一夜で脱出させる白星をもたらし、無傷の今季2勝目をマークした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年4月16日のニュース