侍・稲葉監督 巨人・原采配からヒント!重盗で加点の場面に「1点の積み重ねが国際大会も大事」

[ 2021年4月16日 05:30 ]

東京ドームで巨人ー中日を視察する侍ジャパン(左から)建山コーチ、稲葉監督、井端コーチ(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの稲葉監督が巨人―中日(東京ドーム)を視察し、原采配にうなった。

 4―1の3回2死一、三塁で重盗を仕掛け、1点を追加した場面。「一塁走者が亀井選手でスチールは考えにくい中で思い切って仕掛ける。1点の積み重ねが国際大会も大事。勉強になりました」とヒントを得た様子だった。

 この日は坂本、岡本和、高橋周ら野手を中心に状態を確認。「これから状態を上げてくる。そこも見ていきたい」と引き続きチェックする。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月16日のニュース