中日 深刻な得点力不足 開幕から17戦連続猛打賞なし 2回の根尾の犠飛で“打ち止め”

[ 2021年4月16日 05:30 ]

セ・リーグ   中日1-5巨人 ( 2021年4月15日    東京D )

<巨・中6>9回2死一、二塁、三振に倒れる根尾(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 深刻な得点力不足で、中日は今季初の同一カード3連敗を喫した。

 0―2の2回1死満塁から根尾が左犠飛。「甘い球だったので、ファウルにせずしっかり捉えることができた。最低限の仕事はできた」。開幕から2戦零封していた高橋から初めて得点を奪ったが、その後は沈黙。

 開幕から17試合連続で猛打賞がない打線に、与田監督は「そういうことはある。皆で力を合わして乗り越えていくしかない」と必死に前を向いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月16日のニュース