大阪桐蔭が2年連続決勝進出 花田が逆転満塁弾

[ 2020年10月31日 15:47 ]

令和2年度秋季近畿地区高校野球大会 準決勝   大阪桐蔭12―5京都国際 ※7回コールド ( 2020年10月31日    わかさスタジアム京都 )

<秋季近畿大会準決勝 大阪桐蔭・京都国際>6回2死満塁、大阪桐蔭・花田は中越えに満塁本塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 大阪桐蔭が2年連続の決勝進出を決めた。0―3の6回、1点を返し、なおも2死満塁から「6番・右翼」の花田旭(2年)がバックスクリーンへ決勝の逆転満塁弾。この回打者一巡11人の猛攻で7点を奪った。先発左腕の川井泰志(1年)は2回1/3を3失点で降板したが、後を継いだ右腕の竹中勇登(2年)が3回2/3を無失点で流れを呼んだ。

 京都国際は初回に3点を先行。逆転された直後の7回には2点を返し食らいついたが、その裏にも5点を加えられてコールド負けを喫した。

 あす11月1日の決勝は智弁学園―大阪桐蔭の組み合わせ。12時から同球場で無観客試合として行われる。智弁学園が勝てば11年以来9年ぶり、大阪桐蔭が勝てば17年以来3年ぶりの優勝となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース