ヤクルト 2年連続の最下位決定…就任1年目の高津監督「毎日、反省しています」

[ 2020年10月31日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト3-3巨人 ( 2020年10月30日    東京D )

<巨・ヤ>3回2死二塁、岡本(手前)に逆転の左越え2点本塁打を浴び、厳しい表情の高津監督(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは引き分けに持ち込んだが目の前で優勝を決められ、111試合目で2年連続の最下位が決まった。

 就任1年目の高津監督は「もうちょっと何かできたんじゃないか、もっとやらなくちゃいけないことがあるんじゃないかと。毎日、反省しています」と振り返った。外国人投手の補強にも失敗し、12球団ワーストのチーム防御率4・62が試合運びを苦しくしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月31日のニュース